福岡旅行4日目~また行きたいね福岡~

うっかり公衆Wi-Fiを使って更新していたら、接続エラーが起きて書いた内容全部消えました。
消えたのが当日書いた分だけではないので忘却の彼方ということもあって、内容うすうすでお送りします。

ありがとう福岡

帰りも直行便が欠航なので羽田経由です。
博多駅でそれなりに買い物は済ませていたので特にほしいものもなかったんだけど、羽田空港でのトランジットが1時間以上あったのでお昼に明太子の入った卵サンドの空弁と、時間を持て余して空港を冷かしてたら、福岡グルメで一番おいしかった「ゴマサバ」に酒のアテにぴったりの「酢モツ」が冷凍で売っていたので購入。
お腹が空いていたこともあったし卵サンドはあまりに美味しかったので、写真も撮らずに完食しました。
そして帰宅してから食べたゴマサバと酢モツも、容器から出したら一瞬で胃におさまったので写真はありません・・・


お土産は、会社の人に配った明太子のふりかけ「ぱらぱらめんたい」が、見た目の可愛さに反してガツンとからくて好評でした。

ああ、福岡、よかったな~!
地元の美味しいグルメにも恵まれ、念願の屋台で締めることもできたので大満足。
柳川・大宰府まで足を延ばせたのもよかった~。
ハウステンボスは・・・また次回ハウステンボスに行く理由ができたから、それはそれでよかったのかもしれない・・・。
はやく新型コロナがインフルエンザ並に当たり前のものになって、今までのようには難しいかもしれないけど、不自由しない生活が戻ってきますようにと願うばかりです。


さて次回の母娘旅は

次回は5月~6月の京都。今度は5泊6日です。
またわかるようなわかんないような旅行記を書く予定ですので、覗きに来ていただけるとうれしいです!

福岡旅行3日目~貸し切りハウステンボスと念願の屋台~

緊急事態宣言その2

1月13日、晴れ。
朝起きたらに福岡県にも緊急事態宣言が出たことを、サービスで届けられた西日本新聞の一面で知る。
え!!!
昨日まで特に何も言ってなかったのに(朝のニュースの時点では)。

満を持してハウステンボス

さて、本日はハウステンボスです。
ホテルの隣にある西鉄天神高速バスターミナルから出ているハウステンボス行きのバスに乗る。
もともともう一本速いバスを予約していたんだけど、コロナ禍で運休になったので8:55発のに振り替え。
母娘と、女性が一人。
博多駅から、カップルが1組。計5人で出発・・・

2時間で到着。佐世保、くもり。
見えるところに、人の気配なし。
20個あるチケットブースはもちろん1か所しか開いておらず、チケット売り場にも人、おらず。
健康調査票のようなものを提出したなら、母娘はGO TOイベントで既にチケットを購入していたので、ゲートでQRコードかざして入園。
いろんなアトラクションがお休みしてるからか、1人1000円分の園内で使えるチケットをもらいました。

うん、、、なんていうか、貸し切り。


入り口からすぐのテディベアの館を見ていたら、これまた念のため予約しておいた昼食の時間に。

広い園内とトロティネ

しかし予約していたランチビュッフェの場所は、入場ゲートから最も遠い「ハーバータウン」。
近くの売店のおじさんに場所と所要時間を聞いたら、ちょうど園内を巡回してるバスが来たので走って乗車。

こんなバス


レストランのすぐそばのバス停まで到着したなら、ホテル・フォレストヴィラのレストラン「トロティネ」へ。
先客におじさんが一人、そして母娘・・・。
店員さんも3人・・・。えっと、ビュッフェです。

それがね、ちょっとずつ手が込んでて、どれも美味しいんですよ。
もっとたくさんの人に食べてほしい・・・と思うけど、そもそも人がいないので仕方がないか。。
と思っていたら、おじさんが帰って行って代わりに女性2人組が2組きたのでなんとなく安心した。


昨日からスイーツフェスティバルを開催中とのことで、このレストランではフォンダンショコラが目玉のよう。
「作りたてお持ちするのでお声がけください」と書いてあったので迷いなく頼みました。フォンダンショコラ!

あつあつでおいしかった~


あとから知ったけど、この翌日からトロティネさんは休業だったそう。
いいときに行ったな・・・

大胡蝶蘭展

スイーツも堪能したので次は楽しみにしていた「大胡蝶蘭展」。
まあうつくしい胡蝶蘭がもりもり!
何本あったのかなあ。展示方法も凝っていて、素晴らしかった~
もっとたくさんの人に(以下略





間違えてほかのお客さんを映しちゃうってことがなくて、本当に安心でした(泣)

レンブラント展

同じ場所で開催中だったレンブラント展も見ました。
光と闇の魔術師レンブラント。見ごたえのある絵画がたくさん!
美術館としてしっかり成り立ってました。
写真撮影は禁止。

巻きアイス

トロピカルな巻きアイス
13時くらいだったけど、呼び出し番号3番。う、うん。

バハムートディスコ

来ました、アトラクションゾーン。
絶叫系な苦手なので「VR KING」は絶対無理だけど、「VRの館」ならいけるかな?なんて言ってたのに、前日より休館中。
うーん、仕方がない。
それでかろうじて入った「バハムートディスコ」は、ゴーグルをしないVRだとか。
音楽に合わせて壁に出てくる丸を棒で切るみたいなゲーム。これはこれでおもしろいけど、ちょっと酔った・・・

アンブレラストリート

ちょっとフォトジェニックだけど、天気の良くない日は映えないね~

ジャズなコンサート

のりのいい女の子が見に来ていて、ちょっと救われたよ・・・

ゴンドラ遊覧

暖かい日でよかった。いい景色が見えました~

実際にハウステンボス内に住んでる人がいるとか。

ピノキオ

緊急事態宣言が出ているし、天神に戻ったら22時超えるからそれから何か食べに行くのは厳しいかもね、とハウステンボスで食べていくことに。
目当てはピザがおいしいという「ピノキオ」。
入ったら先客2組、ただしすぐに帰っていった・・・
注文はアマトリチャーナときのこのクリームパスタ、パンチェッタとソーセージ。
おいしかった~
きのこのパスタはフェットチーネで、初日に羽田で食べたフェットチーネがぬるかったので、あつあつを食べれて満足の母。


光の王国

真っ白なイルミネーションって、ちょっと神戸ルミナリエを思わせる。
だーれもいないから、ちょっと怖いんだけどすっごく綺麗でした~

観覧車

最後の最後で上から見てみよう!ということで観覧車に。
バエる写真は撮れなかったけど、すごくきれいでした。

まとめ

なにせ勉強不足なもので、すごく効率の悪い回り方しかできなかったんだけど、アトラクションもほとんどお休みだったから別に困らなかったな・・・
とにかく人がいなかったので、よく開園してくれたなあと。
しかしまあ、人のいないテーマパークほど「ワクワクしない」ものはないかも。
これはどこでも同じだと思うけど、混んでるなぁとか文句言いながらもワイワイざわざわしてないと、ただの巨大な箱の中にいる感覚なんですよね。
他の来場者に会って、母娘だけじゃなかったんだ!って安心する程度に人がいなかったので・・・。
休日は3時間待ちになるという大人気のアトラクションも、最短で乗れるようでしたよ。


またお花のきれいな時期に行ってみたいです。


屋台、ありました!

帰りのバスの中、バスターミナルに着く直前に屋台のようなものが見えた、と母が言うので、見えた方向に行ってみたら、いた!!!
2軒、3軒、3軒、2軒みたいな感じで計10軒くらい、天神南駅の近くにいました。


その中で「姫ちゃん」に入ってみた。
(なぜか正面の写真がなかった)


注文は「ラーメン」と「おでん・餃子巻き」(とビール)。
憧れの博多ラーメン!!
こってりめのあっさり、こっさり??
紅ショウガとゴマはセルフサービスで。途中で味変して食べたけどおいしい~!


イケメンの大将と美人なおかみさん。常連さんぽい地元のお兄さんが飲みに来てて、「どこから来たと?」って。
母娘の地元の話をしたら、お兄さんも来たことがあるようで、雪国の失敗談などをお話してくれました。
この雰囲気!素敵すぎ~!
1日目はコロナ禍の祝日だってこともあるけど、何より寒かったから屋台でてなかったんですって。
そうだよね~、気配すらなかったもの!


もう23時を回っていたので名残惜しいけどお暇しました。
これで心残りなくこの旅行を終えられます。博多の屋台!ありがとう~!

福岡旅行2日目その2~大宰府天満宮&絶品!九州めし~

いざ大宰府へ

北原白秋の生家から無料バス乗り場まで戻ったけど、どうやら出発したばかりのようだった(30分間隔)。
ちゃんとタクシーが1台待っていたので、迷わず乗って西鉄柳川駅まで。
西鉄柳川からはまた特急に乗り、西鉄二日市駅まで行ったなら、大宰府線に乗り換えてたった2駅で終点の太宰府駅。
写真撮り忘れたけど、駅表示板がすでに素敵だった。
ホームも天満宮っぽい!

太宰府天満宮

太宰府駅で降りたときからちらちら人がいて、ちょっと安心。
参道の売店はどこも人が入らなくて大変そうだった。
「ちくわ」とか「梅ヶ枝餅」に惹かれたけど、ひとまず参拝!ってことで進みました。


今年は初詣を分散してるからかな?まだ新年のお祝い中。
とても広いお守り売り場があって、太宰府天満宮のだと思って「仕事守り」を買ったら宝満宮竈門神社というところのだった。
天満宮からは歩いて30分くらいのところにあるらしいけど、出張販売??


さすが学問の神様だけあって、合格祈願の絵馬がいっぱい。

参拝に並んでる人は途絶えなかったけど、この程度。


梅ヶ枝餅

九州国立博物館にも行ってみた方けど、この日は休館日。
しょうがないのでもと来た道を戻っていきます。
食べてみたかった「梅ヶ枝餅」、どのお店も一律130円で売ってるみたい。
手焼きのところから、オート化されたところまでいろいろあって見てるだけでも面白かったです。
座りたかった母娘は「かさの家」さんへ。


抹茶セット650円。

梅ヶ枝餅、作ってるところ見たらとんでもない量の餡を包んでいたから、どれだけ甘いのかと思ってたけどあっさりしていておいしい!
もちもちっとしてるけど表面の焼き目が香ばしかった。
渋さはそれなりに控えめの抹茶だったけど、お餅と食べるとぴったり。
お客さんは絶えず入ってきていたけど、本当はすごい待ち行列ができるんだろうなあという感じ。

BACK TO天神

梅ヶ枝餅も堪能できたし、最後に令和の焼き印が入った「ちくわ」を買ったなら大宰府とはさようなら。
この日の夕食はガイドブックこそ乗ってないけど口コミが良かった居酒屋さんを予約していたので、一度天神まで戻って博多まで参ります。

福岡が都会すぎる問題

本日の夕食は地下鉄博多駅と祇園駅の間くらいにある居酒屋さん。
予約の時間までまだ余裕があったので、博多駅でお土産探し。
しかしまあ、天神も大概だけど博多駅の大きいこと!
どっちに進めばどっちに出るかがよくわからなくて、迷子になる前になんとか見つけた博多銘店でお土産を買いました。
と言っても、今回の旅は本当に親しい人にしか話していないので、数は最小限。
むしろ自宅用のほうが圧倒的に多く、めんたい高菜、めんたいふりかけ、めんたい昆布など明太子が中心。ざく切り柚子胡椒というのも買ってみた。

(画像は今回の旅のすべてのお土産なので、翌日に行くハウステンボスのも含まれてます)


ほどなくして時間になったので、居酒屋さんまで歩いていくことに。
とてつもなく大きな交差点をこれも大きな歩道橋から見下ろし、「博多では絶対運転できないね・・・」なんて。
ビルも密集しているし、博多駅と天神駅、もはや大都会を2つ抱えた福岡市、想像してたより近未来的な都会でびっくり。

肴やだんじ

目的地は「肴やだんじ」さん。
実は「呼子のイカ」が食べたくて(母はイカの刺身が大好き)、ガイドブックにイカがでかでかと載ってたほかの居酒屋さんを予約していたんだけど、よくよく見たら口コミで不味いとか刺身がぬるいとか、店員がみんな疲れてるとかけちょんけちょんに書かれてたから、ビビッて急遽予定変更。
地元の人に人気(口コミによる)のお店、「肴やだんじ」さんへ。

大きな提灯が目印


一番乗りだったけど、若い店員さんはみんな元気ですごく活気にあふれるお店でした。
細かな気遣いがうれしい接客に(「失礼します」じゃなくて「ありがとうございます」ってお料理出してくれるのもいいね!)、何と言っても博多だけではなく九州全域から直送されたという新鮮な魚!
まずお通しから(どこだっけ)の豆腐にシラスかけ放題、刺身5種盛りに、ゴマさば、明太だし巻き卵、白菜と肉団子のみぞれ煮、鶏白湯おでん、一口餃子、鶏天、酢もつ、〆の漁師めしまで一品一品こだわりを感じられるお料理は、どれも絶品!
ゴマサバなんておいしすぎてもう1回注文したくらい。魚介はもちろんのこと、おばんざいも種類豊富で九州めしを堪能。呼子のイカはなかったけど、どれも本当に美味しくて大満足のディナーでした。



屋台はどこですかその3

たらふく食べて満腹だったから、どう考えてもそのあとはなかったけど、とにかく見てみたかった「屋台」。
お店を出ると雨が降っていたので、雨天時休業の屋台も多いとガイドブックには書いてあったし、何よりコロナ禍ですからね・・・
おとなしく天神まで地下鉄に乗って、ホテルに帰りました。
にしても、どうして地下街っていうのはあんなに難しい構造なのかね・・・
地元の人にとっちゃそれが普通なんだろうけど、博多駅も天神駅も初見殺しだなあと。東京駅でも迷わない娘が行ったり来たりしましたからね・・・

福岡旅行2日目その1~柳川、のんびり川下り~

GO TO柳川

1月12日、雨。
天気予報がころころ変わって、昨日の時点ではくもりって言ってたのに今日は晴れって言って、でも霧雨のような雨に見舞われた天神の朝。
本日は柳川と大宰府を一日で回ります。

西鉄は特急料金を取らないという。素晴らしい!と感心しながら柳川駅行きの特急乗り場に行くと、来たのはおんぼろ電車。。。
天神(西鉄福岡駅)が終着で折り返しだったからいったん全員降りたんだけど、すごい人!ラッシュには少し遅かったから、時差出勤とかしてる方もたくさんいるのかしら。
降り口と反対のドアから乗り込んだはいいけど、みんなが同じ方を向いてる旅行感のある電車じゃなくて、普通の通勤電車タイプのだからなんとなく特急感もなく・・・。
それでもこのおんぼろ電車、すごいスピードで飛ばす飛ばす。駅も飛ばしまくるから速い速い。9:00発で、50分くらいで柳川駅に到着。途中でむき出しの釣竿を持ったおじさんが隣に乗ってきたけど、彼も柳川で降りたから柳川で釣り・・・?


5社くらいあるらしい川下りの会社、駅から一番近い「水郷柳川観光」さんをじゃらんで予約していました。
10時集合だったから急いでチケット売り場まで行ったんだけど、渡された整理番号は1番。
まあ予想はしてたけど、あまりの人のいなさにちょっと気の毒・・・。待合所で待つこと15分、20代の男の子2人組がやってきて、2番をもらっていた。どうやら彼らと一緒の船になりそう。

こたつ船で川下り

冬限定で火鉢をこたつの中に入れてくれて暖かく乗船できる「こたつ船」が運行されていると知った瞬間、乗りたい!!!と思ったこたつ船。
待合で待ってるときテレビでかかってた柳川の観光案内の映像だと川下りの船が鈴なりに運行されてる感じだったけど、どう見ても母娘と男の子×2しかいない・・・。
途中でたぶん「船乗り場はどこですか」って電話がかかってきて受付の人が案内していたから、その人たちが来て3組になったら出発かなと思っていたけど、受付をして30分で出発の声がかかりました。

乗り込むこたつ船。

靴を脱いで、番頭さんが立つ船尾の床下に靴を入れて、こたつに入ったら出発。
なが~いこたつがちょっと寂しいけど、番頭さんは明るいベテランさん。
お話はもちろん歌もうまくて、柳川が生んだスター、北原白秋の歌を5曲リサイタルした番頭さん。
男の子(沖縄出身)のリアクションがかなり良かったおかげもあって、2組しかいない川下りだったけど気まずくならずに済みました。ありがと~!




こんな細い橋も低い橋も長い竿一本ですいっと漕いでいきます。
川下りの業者さんとか、地元の人とかがお堀の水をきれいにする活動をしてるとかで、そのおかげか透明度がすごく高いお堀でした。


途中で水上売店があって、「いももち」とか「甘酒」がおススメって口コミで読んでたんだけど、コロナのせいで寄れませんでした。残念。


なんらかのかんきつがなる木が結構ありました。

途中にはところどころに北原白秋作詞のうたの歌詞の石碑が。
待ちぼうけ像とか、川下りから見える位置に作ったのかしら、こたつ船からもよく見えました(なぜか写真が一枚もなかった)

あっという間の1時間。楽しかった~!
こたつ船の定員は24人ですって。こたつ囲んで12人ずつと思うと、結構ぎゅうぎゅうでなんとなく景色を見渡すのもままならないから空いててよかったのかも。
川下りは片道だから、降りた先からは自分で帰るか無料バスを利用するしかないんだけど、北原白秋の生家を覗いてみたかったし、柳川名物・うなぎのせいろ蒸しも食べたかったのでぶらっと歩いてみることにしました。

うなぎのせいろ蒸し

うなぎ屋さんはたくさんあったけど、老舗中の老舗ということで調べていた「若松屋」さんへ。
繁忙期では1時間待ちが当たり前だとか。2階に通され、先客が3組いるなか頼んだのがこちら。


「うなぎのせいろ蒸し」(3,100円)。

ふわふわっとしたうなぎと、濃いけど甘すぎないタレがしっかり混ぜ込まれているごはんが美味!
蒸してるからか、最後まであっつあつで食べられました。
パワーチャージしたのでもうひと観光!

北原白秋の生家

きっとふだんはこの通りに人がわんさかいるんだろうなって通りにありました。

入館料600円。開館50周年記念として朝ドラでおなじみ古関裕而さんの展示がされていて、作詞北原白秋・作曲山田耕筰・編曲古関裕而という豪華なメンツによる歌の楽譜とか(なんの歌だっけ)、大森南朋さんとEXILEの人が北原白秋役と山田耕筰役の映画をやったみたいで、館内は結構EXILE推しでした。
童謡って結構北原白秋作詞の曲が多いんだなあ。


いろいろ展示されていたけど、特に北原白秋に思い入れがない母娘、中庭に実るとても大きくて大量のなんらかのかんきつに目が釘付け。
たわわに実って今にも落ちそうだったけどうまいバランスでなってました。

適当に一周したら生家と博物館を後にして、次なる目的地・大宰府へ向かいます。

福岡旅行1日目その2~もつとすしと~

本場のもつ鍋

福岡のガイドブックを見ていて、絶対食べたいと思っていたのがまず「もつ鍋」!
お店はいろいろあったけど、ホテルから近くて口コミが良かった「元祖もつ鍋 楽天地 天神本店」さんへ。


開店時間の17時ちょうどに着きました。古いビルの2階に上がって行ったら、すでに1組先客。
2階はカウンターで、コロナ対策で5組しか入れないようになっていました。3階にも客席があるらしかった。
メニューは潔く、もつ鍋のみ!!
コースもわかりやすく、3種類のみ!!
もつの量とか〆のチャンポン麺が食べ放題とかで値段が違うだけ~

ということで、73%(だっけ)のお客さんが注文するという「もつ鍋満足コース」を選択(2,190円)。
小鉢(酢モツとキムチ)がついてたんだけど、この酢モツがすでにおいしい!
お酒は飲まないけど酒のアテが大好きな娘、さっそく箸が止まりません~
キムチも変に甘くなくて美味!!
:


そして待ちに待ったもつ鍋!
目の前で店員さんがキャベツをむしっていて、でっかい計量カップみたいのにニラを入れていた。
それが鍋にどーん!!

2人前。後で来たおひとり様が1人前で注文していたけど、鍋が違うからか1人前でもかなりフォトジェニックでした。


沸いたころに鍋を混ぜにきた店員のお兄さんが「どちらからですか?」って。
母娘が出身地を言うと驚いてました。ふふふ。
「あと2分待ってから食べてください」とお兄さんに言われたのに、待ちきれずお玉をうずめる母娘!!


もつプルプル~!キャベツはとっても甘くて、にんにくがよく効いたスープにニラ!素敵~!
一口目からうまうま!!
くどいかな~と思ったモツだけど、あっさりしていて食べやすい!おいし~!!
最初、2人前は多いかな?ってビビってた母だけど、〆のちゃんぽん麺までしっかりいただきました。
本場でもつ鍋を食べたよ~!!

屋台はどこですか

もつ鍋でほどほど腹が膨れたあと、めざすは屋台!!
で、Google Mapを頼りに天神駅~天神南駅をうろうろしてみたんだけど、屋台の気配すらない・・・。
時間が早かったせいかな?まぁ夜はあと2回あるし・・・なんて歩いていたら途中で見かけた「ひょうたん寿司」が気になっていたお寿司大好き芸人の母娘、気持ちはもうお寿司一直線。
ひょうたん寿司には回ってるところと回ってないところがあるらしく、まぁ回ってるほうだよね、ってソラリアの中にある「ひょうたんの回転寿司」へ。

ひょうたんの回転寿司

メニューは日替わりらしく、本日のおすすめしかなかった。
あじ、活さば、赤ムツ、たいらぎ貝、フグ、さえずり(クジラの舌)、などをペロリ。
そこそこリーズナブルで産地の魚介が食べられるって幸せだわ~!帰りにアジの中巻き買っちゃったわ~!


屋台はどこですかその2

寿司でさすがに腹いっぱいでも、それでもやっぱり屋台をあきらめきれない母娘、天神がだめなら中州だ!と念のためガイドブックに載ってた中州の屋台に電話してみたら、「今はやってないんです・・・」と一言。
「屋台の様子はどうなんですか?」って聞いたら、「この間見に行ったときは4軒しか出てませんでした」って・・・。
うわ~!コロナの影響ここにも!!
いくら野外とは言え、知らない人と肩が触れ合うくらいの距離が楽しい屋台、そうだよね、モロに影響受けるよね・・・。
悲しいです、寂しいです。

福岡旅行1日目その1~遠いぜ九州~

GO TO福岡

1月11日月曜日、朝8時。
駅まで父に送ってもらい、電車で空港まで。スカイマークでまずは羽田空港まで。

搭乗率は4割弱かしら。いつも通路側から並びを取る母娘だけど、今日は窓側に誰もいなかったから母が窓側に移動しました。
スカイマークの翼にはマークが入っているらしく、この便は「♪」。かわいい~!


羽田の23番に到着し、ゲートを出たなら22番ゲートで福岡行きの搭乗中!
でもこれは母娘が乗る便の1つ前の便。
今日も定時運航のおかげで予定より早く羽田に到着していたみたい。
直行便が欠航になって乗継便に振り替えてもらったときに、「乗り継ぎ時間は最短で35分必要」と言われていたけど、6,000円の最安チケットを普通運賃のチケットに変えてもらってたから、もしかしてカウンターに行って空きがあったら振り替えてもらえたのかも・・?
と思うともったいなかったけど、お昼食べたりしなきゃいけなかったのでそのまま見送りました。

3連休最終日だけど、緊急事態宣言が出ているせいか羽田空港はあまりに人が少ない。
売店も営業してるところとしてないところがあったり、仕入れ自体を少なくしてるのか営業してても品ぞろえがガラガラだったり。
フードコートっぽいところも、誰もいないからメニューも絞られててさらに誰も来なくて・・・みたいな悪循環。
かろうじて伊勢丹の中にあるカフェで娘はラビオリ、母はフェトチーネを食べました(ぬるかった)。


羽田空港から福岡空港行きも、搭乗率3割強。
また窓側に座った母は、窓に張り付いて離れませんでした。今度から窓側の席を取ろうかな?
翼はハートでした。


15:30すぎ、ようやく福岡空港着。
福岡空港って街の中にあるのね~!びっくり。
そして思ってたよりずっとずっと広くてびっくり!(20数年前に福岡に来たときは北九州空港を利用)
さらに福岡空港から繁華街へのアクセスが良すぎてびっくり!!
地下鉄で10分くらいで天神ですもの。こりゃいいわ~

ソラリア西鉄ホテル福岡

今回のお宿は「ソラリア西鉄ホテル福岡」。
「せいてつ」だと思ったら「にしてつ」だった。
この西鉄、福岡を牛耳ってる鉄道会社らしく、電車はもちろんバスやタクシーも西鉄であふれてる。
とくに天神ステイなので、JRに縁がなくて見える範囲は西鉄西鉄。



天神は、すごい都会!!
地下鉄天神駅からホテルのある西鉄天神駅までちょっと距離があったんだけど、もう迷子です。
高層ビルがありすぎて、目印がなくて困った。
そして「ソラリア」という名前が付いたビルがたくさんあってもう何が何だか。
Google Mapに頼って到着。

GO TO Travelが再開延期になってしまったので、3泊とも実費でございます。
ただ予約サイトのクーポンとかポイント使いまくったから、結構安く取れました。
お部屋は警固公園が見下ろせるスーペリアツイン。
広い!景色はいいとして、洗い場付きのお風呂だし窓辺にならんだソファも固さ十分で内職(ブログ作成)がしやすいし、いい感じ!


荷物を片付けたなら、さっそくもつ鍋食べに行きましょ~!

福岡旅行0日目~賛否はあれど~

緊急事態宣言

年が明け、刻一刻と出発日は近づいてくるけど、ついに1月7日、首都圏に緊急事態宣言が出される事態に。
母娘が住む場所も、今回旅行する福岡・長崎も対象ではないけど、「マジでヤバいレベルかも」って雰囲気が広がっていて、父も「ほんとに行く気なの?」といぶかしげ。
しかし母娘の辞書にキャンセルという文字はありませんから!


・・・というのは冗談だけど、4日間も大人数が集まる屋内でじっとしてるわけでもあるまいし、できる限りの感染防止対策をして旅先で消費することが私たちにできること、という信念のもと、というのは大げさだけど・・・、うん、とりあえず結論として今回の旅行は予定通り出発することにしました。

GO TOトラベル再開延期

そうです、緊急事態宣言に伴ってGO TOトラベルの再開も延期に。
(出発日の)1月11日までの停止は発表されていたから、ホテルを11日~1泊(定価)と、12日~2泊(割引)の2本で予約していたんだけど、これも無に・・・
まあそんなことは言ってられない状況ということでしょう。
今回の旅はGO TOトラベルを活用しよう!というテーマがあったからなんだけど、まあ仕方がない。

欠航

前回、金沢の時と同じくコロナの影響で直行便が欠航となり、羽田経由に振り替えてもらって安心していたんだけど、帰りの羽田行き便がさらに欠航に。
また30分くらい待ってスカイマークに電話して、違う便に振り替えていただきました。
前回のコバヤシさんだけじゃなく、スカイマークのオペレーターさんは素晴らしいなあ。今度のハヤサカさんも、スピーディー&スムーズで、安心して全部お任せできました。
電話のうしろでたくさんのオペレーターさんが応対中だったのが聞こえてきました。30分待ちだもんね。大変だ。今回の欠航も緊急事態宣言が出てから急遽決まったもの。本当にずいぶんと振り回されて・・・。国は旅行業と飲食業には補償もしてくれるけど、そこに関わっているほかの業種の人たちを思うと、一点集中的に補償したところで・・・って感じはあるなあと思います。

営業時間短縮

今回の目的地の一つ、ハウステンボスの営業時間が緊急事態宣言を受けて短縮されるとのこと。
それだけ首都圏からの観光客が多かったってことかなあ。
行きも帰りも天神からバスで日帰りなのでそれほど長居はできないけど、短縮によって影響を受けるのは運営に関わる人だけじゃないんだなあ、バスも減便だし。うーん複雑。

寒波

そして、日本を襲っている寒波。
九州の平地でも雪が積もったとか。旅行中の天気予報を見ていたらなんとか持ち堪えてくれそうなので、スニーカーでいいかしら。
にしても、雪に関してはあまり他人事ではないのでその大変さはわかる部分もあるけれど、ふだん降らないところでドカ雪とは大変だなあと思います。

そんなわけで

2021年の母娘旅は福岡・長崎から始まります。
またぼちぼちブログも更新していくので、ご覧いただければ幸いです。